肥満外来で行なう治療方法をチェックしよう

肥満外来での治療方法

食事療法でバランスの良い食事を

この治療では食べる量を考慮していきながら、食べる質をしっかりと整えていきます。管理栄養士が中心となって、その人の食生活や性格、体質を考えて無理のないような食事を考案してくれます。極端な食事制限もなく、バランスの整った食事なので安心することが出来ますよ。

運動療法でエネルギーを消費する

エネルギーを消費するためには有酸素運動が基本になります。酸素を使用することで、糖分や脂肪が分解されます。有酸素運動は水泳やウォーキングなど、一定の時間と強度で継続する運動です。日常生活の中で、インストラクターの指導の下でこの運動時間を取り組んでいきます。

薬物療法で短期間で痩せる

短期間でダイエットに取り組みたい場合は薬物療法が行われます。主に食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤などを使用して治療を行ないます。この薬物療法は肥満外来でしか行えない治療となっており、医師がちゃんと処方してくれるので安全でしょう。また、自然の漢方薬が使用される場合もあります。

行動修正療法で生活を見直す

毎日の行動を記録して、自分の生活習慣や行動をしっかりと把握することからスタートします。その上で、目標を立てて、その目標に向けてこれまでの生活などを改善していく治療法になります。最初は小さな目標を1つずつ超えていくことで、次第に効果を実感することが出来るでしょう。

広告募集中